「絶品!煎り酒の作り方&超簡単 酒のあて “タコと叩ききゅうりの煎り酒和え”」

煎り酒は梅と鰹などを日本酒で煮た日本古来の調味料。
昔は醤油代わりに使われていたもので、和え物、煮物、炒め物と使い方無限大で、万能です!

カルディでも手軽に手に入れることもできますが、今回は自家製煎り酒の作り方と、
煎り酒を使った、超簡単で美味しいレシピを紹介します。

●タコとたたききゅうりの煎り酒和え 
【材料 2人分】
タコの足1本(150g)、きゅうり1本、A{煎り酒小さじ1、ごま油小さじ2、ラー油小さじ1/4、いりごま小さじ1、おろしにんにく小さじ1/2}

  • ①タコは一口の乱切りにし、きゅうりは綿棒でたたいてヒビを入れ、1.5センチ長さに切る。
  • ②タコときゅうりを合わせて、Aで和える。
  • 【煎り酒:材料 150ccくらい】
    日本酒300cc、昆布5×5㎝、塩麹小さじ1/4、梅干大2個(軽くつぶして種ごと)、鰹節10g
  • ①鍋に日本酒と昆布を入れて一晩おく。
  • ②かつお節以外の材料を鍋に入れて、蓋をせずに中火にかける。
  • ③沸騰したら昆布を取り出し、鰹節を投入し、火を弱め、半量ほどまで煮詰める。
  • ④粗熱がとれたら、キッチンペーパーか布でこして、瓶などに移し、冷蔵庫で保存。

【関連動画】
「超簡単!酒のアテ」おろし煎り酒和え2種
「混ぜるだけ!絶品ディップ3種」~日本酒がすすむ!
「混ぜるだけ!絶品ディップ3種」〜ワインがすすむ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です