レシピ小説「第9話 健康維持には麹と愛」とYouTube「今こそ作ろう、醤油麹!」

全国料理教室協会 顧問コラムページで連載中のレシピ小説、新作をアップしました!
「第9話 健康維持には麹と愛」

今回は、美菜子とまどかの上司、紗智子が作る、「鯖の韓国風煮込み」の物語。

塩焼きにしようとして買った鯖が少し鮮度が悪く、急遽麹のチカラで臭みを取り、味の濃いお料理へ変更する主婦の機転と、短時間で素早く作れるお手軽でヘルシーな料理の数々に注目!

こちらの小説で紹介している「セロリと納豆の醤油麹和え」は、本日同時にアップしたYouTube「今こそ作ろう、醤油麹!超簡単メニュー3品」でも、作り方を詳しく紹介しています。

【今こそ作ろう!醤油麹】美味しすぎる!超簡単醤油麹メニュー3品~醤油を醤油麹に変えるだけで、いいこといっぱい!

https://youtu.be/30jRIpss3Io

※醤油麹の作り方動画↓↓
「発酵料理研究家が語る 今さら聞けない「醤油麹完全マニュアル」~使わない理由がない!」

なぜ、麹が夏にいいかといいますと、

① 酵素の力で腐敗防止。麹カビがほかの雑菌を排除して、腐りにくくしてくれる

② ビタミン、ミネラル、食物繊維、と栄養満点で、夏バテ予防にいい。麹甘酒は、江戸時代から夏ばて予防に飲まれてましたし、今も飲む点滴、といわれるほどの健康効果があります。

③ 美白効果。夏といえば、気になるのは日焼けですよね!麹には、メラニンを作る酵素チロシナーゼの働きを抑えてくれるコウジ酸が含まれています。

④ 疲労回復効果。人間ってもう暑いだけで疲れますよね。麹は疲労回復に効くビタミンB群やGABAを含みます。ギャバはリラックス効果やストレス解消にも良いので、暑さによるイライラ解消にもよいかもしれませんね。

ということで、塩麹・醤油麹は暑い時には特におすすめな調味料です。

そんな醤油麹を使った、残暑をのりきる美味しく超簡単、そして身体に良いメニュー3品を紹介します!

※塩麹を使った残暑をのりきる超簡単なメニュー3品はこちら↓↓
【今こそ作ろう!塩麹】美味しすぎる!超簡単塩麹メニュー3品~塩を塩麹に変えるだけで、いいこといっぱい!

●揚げ焼き茄子の醤油麹マリネ
【材料・1人分】
茄子1本、オリーブオイル大さじ1、A{醤油麹大さじ1/2、おろしにんにく小さじ1/8}、万能ねぎの小口切り少々

【作り方】
① 茄子はへたをとり、5,6ミリ厚さの輪切りにする。Aはボウルに合わせておく。
② フライパンに茄子を重ならないように並べ、両面軽く焦げ目がつくまで空焼きにする。
③オリーブオイルを回しかけて茄子にからめ、きれいな焼き色がついたら、Aのボウルに加え混ぜる。
④皿に盛り、万能ねぎをふる。

●セロリと納豆の醤油麹和え
【材料・1~2人分】
セロリ1/2本、納豆1パック(40g)、A{醤油麹小さじ1、えごま油・ごま油各小さじ1、すりごま小さじ2}、いりごま適宜

【作り方】
② セロリは筋を取り、粗く刻みボウルに入れる。
③ 納豆も加え、Aも入れてよく混ぜる。
③ 皿に盛り、いりごまをふる。

※こちらのメニューは、同時アップのレシピ小説の中にも出てきます。↓
https://cookingclass.or.jp/articles/mina-recipenovel-09.php

●厚揚げ焼きの醤油麹だれ
【材料・1~2人分】
厚揚げ1/2枚、醤油麹小さじ1、あおさ醤油小さじ1、おろし生姜小さじ1/2、長ネギ小口切り大さじ1、かつおぶし1/2パック(2gくらい)・いりごま少々、えごま油小さじ1/2

【作り方】
① 厚揚げは魚焼きグリルで8分くらい焼く。醤油麹とあおさ醤油とおろし生姜半量は合わせてたれを作っておく。
② 焼けた厚揚げを皿にのせ、たれをかけ、長ネギ、鰹節、残りのおろししょうが、いりごまをふり、えごま油をかける。